RSS | ATOM | SEARCH
本日の映画「21世紀の資本」

今日は先日FB上で勧められた「21世紀の資本」を見に来ましたぞ。



嫁さんは興味ないと付き合ってくれませんでしたのでボッチ映画です(汗


GW開けに上映だったのがコロナの影響もあり6月下旬に。しかも横川シネマでしかやってないという。

上映してくれるだけでもよしとしましょうw


初めてきた映画館ですがB級ラインナップ多いなー、これからちょくちょく覗こうっと。

館内はどこか懐かしいシネマスクリーン。

映画の内容ですが勉強不足なよねはついてくのに必死。

印象に残ったシーンをいくつか。


・ボードゲームの実験で金持ち役と貧乏役を作る。

ゲームが進むにつれて金持ち役の態度が大きくなり、貧乏役は卑屈になっていくというもの。

金持ち役選ばれた人はこれを自分の実力で(ゲーム内で)勝ち取ったと言う人が大半だと言うこと。

ボードゲームで金持ち役に選ばれただけで運が良かっただけだと思うんですがそうは解釈しないと。

現実社会で地位や富が少ないのは努力が足りない、強いてはそれをしてないという視点が出てくる=もっと努力しろ等という相手への見下しが生まれる

これは結構はっとさせられる内容でした。

謙虚さ云々はさておいて当然努力もしているだろうけど多くは運の要素で成り立っているという

【現実を理解する考え方】が必要じゃないかと。




僕はきっとこの映画の本質をほとんど理解できないままの殴り書き状態ですがこれから経験して理解を深め再度この映画を見たときにどれだけ思慮深く、そして己の考えをもつ事ができているのかこれからを少し考えたいと思える映画でした。


うまくまとめようとしたけど纏まらなかったわw



author:よねとも。, category:雑談その他, 22:48
comments(0), -
Comment